フィギュアスケートの採点について

フィギュアスケートのPCS。いわゆる芸術点。

 

PCSについてISUは客観的な評価だと謳っているようだけど主観だらけで適当だね。
今シーズンは特に痛感。各国の思惑によっていくらでも点数調整出来るものなんだなぁと。

 

PCSも機械判定できるようになればいいんだけどね。

 

SSはディープエッジを多用して片足で滑らかに滑っていれば加点、
漕ぎ漕ぎが多ければ減点とか(笑)

 

つなぎであれば、動作が多ければ加点、少なければ減点。

 

ジャンプの技判定が出来る機械が開発されたぐらいだから不可能ではない気がするけど。

 

機械判定が無理な曲の解釈とかは芸術のプロ達にでも判定してもらおう(笑)
ジャッジ達の美的感覚は当てにならんからな。

 

 

GOEもさ、回転認定されてツーフットでもなく着氷も綺麗なジャンプなのに
マイナス判定がそのまま放置されているのはどう考えてもおかしいよね。

 

そういうのはプラスに修正しなければいけないとか、GOEのつけ方をより細かく厳格にしていって
不正の付けいるスキがない様にして欲しいんだけどねぇ〜

 

 

なんか来シーズンまたルールが大幅に変更されるだろう、
ボーカル入りの曲がOKになるかもしれないという噂だけど、
そんなのどうでもいいから早くGOEとPCSの付け方を改善しようよ。